タイミングベルトの交換時期に車買い替えをするべきか?

タイミングベルトの交換時期に車買い替えをするべきか?

 

タイミングベルトの交換時期に車を買い替えるべきか?

 

自動車のタイミングベルトは、エンジンの点火や、燃料を送るバルブの開閉のタイミングを制御する重要な部品です。

 

シャフトと噛み合っており、10万キロごとに交換が必要と言われています。エンジンの中でも特に重要な部品で、破損してしまうと車が走れなくなるだけでなく、最悪エンジン故障にも繋がります。そのため、定期的な点検やメンテナンスが必要な部品です。

 

タイミングベルトは、車検の際に交換してもらうのが一般的ですが、交換する頃には走行距離が10万キロ程度になっているかと思います。

 

交換費用も少し割高なため、交換時期が差し掛かったら、車買い替えを検討する方も中にはいます。

 

しかし、交換して乗り続ける場合と買い替えた場合では、どちらが良いと言えるのでしょうか。

 

まずタイミングベルトを交換した場合、他に不具合がなければ問題もなく車に乗り続けられます。費用も部品代と工賃(人によっては車検代)で済むため、新車を購入するよりも出費は抑えられるのが利点となります。このためタイミングベルトを交換し、乗り続けることも良い方法なのです。

 

ただし、タイミングベルトを交換する時期には、他の消耗品も劣化していたり、不具合が出ていることも珍しくありません。

 

同時に修理や他の部品交換も必要になると、数十万円の出費になるおそれがあります。車検の際はもちろんのこと、点検時も見積もりを貰ってから判断すると良いでしょう。

 

見積もりの結果を見て、修理・交換費用を払い続けて乗るか、新車を買うか決める必要があります。

 

では車買い替えをする場合はどうでしょうか?タイミングベルトの寿命を気にする必要が無く、部品交換費用などで悩まされることもなくなります。

 

しかし新車・中古車の購入費用がかさんでしまうため、慎重に検討したほうが良いでしょう。他にも様々な不具合が出ている場合は買い替えが候補になります。下取り・買取価格を差し引き、買い替え費用がいくら必要かチェックしてみましょう。

 

タイミングベルトの交換時期?と思ったときにすべきこととは

 

車検の見積もりでタイミングベルトの交換を進められた時には、すべきことがあります。

 

それは、愛車の最新の査定相場を把握しておく、ということです。車の査定相場は、日々行われる中古車オークションの取引価格に連動しています。

 

ですので、毎日変動しているため、ネットで調べても「最新の相場」は載ってはいません。あるのは過去の結果だけです。

 

タイミングベルトの交換か?車の買い替えか?考えだしたときには、今の愛車がいくら位で売れるか?を正しく把握しておきましょう。

 

最新の査定相場は、こちらのサイトで簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

入力後、すぐに愛車の最新の査定相場を教えてくれます。同時に、複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店とその金額もわかりますよ。

 

思わぬ高値が付くこともありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。