車を買い替えたら税金は戻ってくる?還付金ってあるの?

車を買い替えたら支払った税金は戻ってくるの?

車の税金

 

まずは、車を購入した時に支払う税金を挙げてみました。

自動車取得税

車を購入し時点でかかる税金で、税率は新車と中古車で異なります。中古車は年式によっても変わってきます。

 

車両本体とメーカーオプションの合計金額額から、一定の金額を控除した価格(車両取得価額と言います)対して課税され、税率は普通乗用車で車両取得価額の3%、軽自動車と営業車などの商用車は2%となっています。

自動車重量税

車の重量に応じた課税される税金で、車検の有効期間分を前払いします。例えば新車で購入した場合は3年分を購入時に支払います。

 

エコカー減税の対象車であれば、免税や減税などで安くなります。

自動車税

4月1日時点で、車を所有していると課税される税金です。毎年、5月になると納税通知書が届きますよね。

 

税率は車の排気量に応じて課税されます。新車を買った場合は、購入月の翌月から翌年の3月までの月割の税金を支払います。

消費税

車両価格やオプション、そして代行手数料にも消費税は課税されます。

 

車を手放したら、税金は戻ってくるの?

上記税金には「前払い」で支払っている税金もあります。自動車重量税や自動車税ですね。これらの税金は、車を手放す時には戻ってくるのでしょうか?気になるところです。

 

結論から言えば、「廃車」にしない限り税金は戻ってきません。

 

少し余談ですが、「廃車」にも「一時抹消登録」と「永久抹消登録」というものがあります。

 

一時抹消登録は、一定期間車の使用を止める場合にナンバープレートを返却する事です。海外に長期滞在する時など、自動車税をかからなくする措置です。これをすれば、自動車税は還付されます。

 

永久抹消登録とは、完全にスクラップにする事です。正しい方法で解体された事を証明する解体届と申請書を提出すれば、自動車重量税も残存分は還付されます。

 

一方、下取りや買取りでの場合は名義変更されて、それ以降も誰かが所有することになるので、税金は戻ってこないのです。なんだか前払いしているのに、少し損をした気分ですね。

 

でも、車の査定にはそのあたりも考慮されて査定額が出ていますので、丸々損をしているわけではありません。

 

それよりも、もっと大きな金額を損をしてしまう可能性があります

 

それは、愛車の査定相場を知らずに下取りに出してしまう事です。

 

下取りに出すよりも平均で17万円、買取業者の方が高く買い取ります。買取業者の間でも、場合によっては20万円以上も査定金額に差が出るケースもあります。

 

ですので是非一度、愛車の最新の査定相場と最高金額を調べておくことをお勧めします。

 

こちらのサイトで、簡単な入力ですぐに愛車の査定相場が分かります。最高額で買取ってくれる業者と金額も分かりますよ。

 

かんたん車査定ガイド