車買い替え 諸費用・税金|車を乗り換える時に必要な費用って?

車買い替え 諸費用・税金|車を乗り換える時に必要な費用って?

車買い替え 諸費用

 

車の購入時にかかる諸費用

車を購入する時には、車両本体価格とオプションやアクセサリーの代金の他に諸費用と税金が発生します。

登録代行費用

新しいナンバープレートを取得したり、名義変更を代行してもらうための費用です。2万円から3万円が相場といったところでしょうか。

車庫証明代行費用

車を所有するには、保管するための駐車場を確保していますよ、という証明が必要です。いわゆる車庫証明ですね。

 

この車庫証明は自分でも取得できますが、管轄の警察署に平日の昼間に2回出向く必要もあるので、販売店に代行してもらう事が多いです。その時の手続き代行費用として代行してくれた業者に払います。

 

大体、印紙代込みで1万円〜2万円が相場といったところでしょうか。

自動車損害賠償責任保険保険料

長い名前ですが、いわゆる自賠責保険です。車を運転するには加入が法律で義務つけられています。ですので強制保険とも呼ばれています。

 

普通車を新車で買う場合は、4万円ほど(3年分)かかってきます。自賠責保険は車検期間と合わせることが一般的です。

自動車リサイクル料金

2005年1月に制定された自動車リサイクル法に基づく費用です。カーエアコンのフロンの破壊やエアバック等のリサイクルにかかる費用など、環境を考慮した処分に必要な費用を車の最終所有者が負担する、というものです。

納車費用

買った車を希望する場所まで、届けてもらう費用です。自分で取りに行けば必要ありません。(会社で決まっているのでカットできません。と言い切る業者は避けた方がいいかも知れません)

車の購入時にかかる税金

自動車取得税

その名の通り、車を取得した時にかかる税金(地方税)です。メーカーオプションもその課税対象となります。

自動車重量税

車の重量に応じてかかる税金(国税)です。車検の残分を前払いします。ですので新車の場合は3年分を購入時に支払う事になります。

自動車税

4月1日時点で車を所有していると、毎年かかる税金(地方税)です。5月になると送られてくるアノ書類です。車の排気量によって変わってきます。

 

新車で買った場合には、購入した翌月から翌年の3月までの月割の金額を支払います。

消費税

当然消費税もかかってきます。なんだか税金だらけですね。

車を手放す時にかかる諸費用

新しい車を購入する販売店に下取りに出すか、別の車買取業者に売却するか、によって少し話は変わってきます。

 

基本的には、どちらも査定金額に諸費用を盛り込んだ金額の提示が多いので、いくらの諸費用がかかっているかは分かりづらい場合もあります。

 

含まれるであろう費用は、名義変更代行費用・査定費用といったところでしょうか。

 

諸費用を安くする方法ってあるの?

 

色々かかる諸費用。なんとか安くできないものでしょうか。

 

税金はムリです。ご理解いただけますよね。自分で出来るのは車庫証明、納車費用のカット、といったところになると思います。

 

諸費用の大幅カットは難しいですが、愛車を大幅に高く売る方法はあります

 

こちらのサイトで一度調べてみてください。どこに売るかで、車両によっては30万円以上も差が出るケースもあります。

 

実際の査定は、こんな感じです。(タップ、クリックするとサイトに移動します)
車の買い替え 諸費用

 

下取りに出すより買取りの方が平均で17万円も高く売れた、という実データがあります。