車買い替えに必要な書類|手続きに必要な書類のまとめ

車を購入する時に必要な書類

車の買い替えに必要な書類

 

車の購入には、下記の書類が必要となります。

 

1.自動車保管場所証明書(車庫証明)
車を購入するには、その車を駐車できる場所を確保している、という事を証明する必要があります。これが車庫証明です。

 

車庫証明は自分でも取ることは可能です。管轄の警察署(派出所ではできません)に必要な書類を提出することで取得できます。

 

ただし、平日の昼間に2回、警察署に行かなくてはいけませんので、時間に余裕のある方は、トライしてみても良いかもしれません。

 

当然、販売店が代行してくれますが費用がかかります。相場は、1万円〜2万円位でしょうか。

 

2.印鑑証明
発行後3カ月以内のものが必要です。印鑑登録をされていない場合は、先に印鑑登録をする必要があります。

 

3.委任状
車の登録等の手続きを販売店に代行してもらう時に必要となります。販売店が用意してくれますので、それに署名と押印(印鑑登録された実印)をします。

 

車の売却(下取り)に必要な書類

車の売却には、下記の書類が必要となります。

 

1.自動車検査証(車検証)
車検証は運転する際、車に積んでおくことが義務付けられていますので、ほとんどの方はダッシュボードなどに常備している事でしょう。もし、失くしてしまったのであれば、運輸局で再発行出来ます。

 

2.自賠責保険証明書
自賠責の保険料を支払ったことの証明書です。車検の時に合わせて払う事がほとんどですので、車検証と一緒に保管されていると思います。

 

3.自動車納税証明書
毎年5月に送られてくる自動車税の納付書です。5月中に納付して受領印をもらい証明書となります。

 

4.印鑑証明
発行後3カ月以内のものが必要です。印鑑登録をされていない場合は、先に印鑑登録をする必要があります。

 

5.リサイクル券
自動車のリサイクル券とは、「預託証明書」という名前の書類で自動車リサイクル法によって定められたリサイクル料が正しく納められている事を証明するものです。

 

もし紛失してしまったら、再発行はできませんが代用の印刷物「自動車リサイクル料金の預託状況」が必要となります。こちらで印刷できます。自動車リサイクルシステムのページ

 

6.委任状
車の登録等の手続きを販売店に代行してもらう時に必要となります。販売店が用意してくれますので、それに署名と押印(印鑑登録された実印)をします。

 

7.譲渡証明書
車を譲渡する時に必要な書類です。委任状と同様に業者が用意してくれます。

 

8.住民票
車検証の住所と印鑑証明の住所が違う場合に必要になります。

 

9.戸籍謄本
車検証の氏名と今の氏名が異なる場合に必要です。

 

 

以上、ざっと書きましたがこれだけのものが必要になります。「結構大変だ〜」と思わる方もいらっしゃることでしょう。

 

でも、手続きのほとんどは業者さんが代行してくれますので、ご心配は無用です。結構あっさり終わってしまいますよ。