車買い替えの流れ|知って得する手順や方法について

車買い替えの手順・方法

買い替えの流れ

 

車を買い替える流れ

 

「さぁ、車を買い換えよう!」と思ったら、何から手を付ければよいいのでしょうか。大まかな流れをまとめてみました。

 

1.新しく買う車の使用目的を決める

 

「次はどんな車にしようかな♪」一番楽しい時間ですね。人それぞれ、車の購入目的は異なることでしょう。

 

・家族が増えたし、キャンプにも行きたいから1BOXにしよう。
・通勤に車が必要になったから、燃費の良い車に買い替えよう。
・子供も巣立ったので、夫婦2人でゆったりとしたセダンで旅行に出かけたい。
・走りにこだわりたいから、ミッション車に買い替えたい。

 

など、想定してみても、きりがありません。

 

独身で自分ひとりで決める場合もあるでしょうし、ご家族がいらっしゃれば、家族会議で決まることでしょう。

 

この場合は、財布を握っている奥様の意見(と言うか承認)が大きく決定力をもっていますよね。

 

2.予算を明確にする

 

欲しい車には、いくらでもお金を払う。というごく一部なセレブな方もいらっしゃるでしょうが、大半の方は限られた予算で車を買い替える事と思います。

 

ですので、車にかけれる予算を明確にしておきましょう。

 

車の購入には、車両本体価格以外に、税金・手続き代行費用・自賠責保険などがかかってきます。

 

また、今加入している任意保険も購入する車によっては、高くなる場合もあります。

 

そのあたりも含めて、全体でどれくらいの予算で車を選ぶか、決めておきましょう。

 

車の査定

 

3.今の車の査定相場を調べる

 

先程の予算を決める上で、今の愛車がいくらで売れるか?も知っておく必要があります。

 

車を買い替えるわけですから、今の車は手放すケースがほとんどだと思います。

 

一般的には、新しく買う車の販売店・ディーラーで今の車を下取りに出す、という事が多いです。

 

でも、これは非常に勿体ないです!なぜなら、販売店・ディーラーに下取りに出すよりも車買取業者に売った方が、平均で17万円も高く売れる、というデータがあります。

 

ディーラーは1台でも新車を売ることが本業なので、下取りにはあまり興味がありません。「よろしければ、下取りましょうか」という感覚です。

 

逆に車買取専門店は、その名の通り車を買取る事が本業です。欲しい車は競ってでも高値を付けてくれます。

 

でも、査定するお店によって、査定額は大きく変わりますし、相手も商売ですので「できるだけ安く買い取りたい!」と思っています。

 

車の査定は、査定する側の一方的な「言い値」ですので、相場よりも安く査定されても気づきません。

 

「ふ〜ん、そんなものかな。」と納得してしまうのです。でも、実際の相場よりもかなり安く査定されるケースは非常に多いのが実情です。

 

ですので、愛車の最新の相場を知っておく必要があります

 

最新の買取相場は、こちらのサイトで調べることができます。簡単な入力ですぐに愛車の査定相場と、一番高く買い取ってくれる業者が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

4.購入する車種を絞ってイザ商談

 

愛車の査定相場が分かって、購入する車種が決まれば、実際に試乗をして見積もりをもらい、商談をする事になります。

 

新車の場合は、本命とする車種の競合車種を調べておいて、そちらも検討していると伝えてみましょう。

 

他メーカーであればなおさら、値引きを少しでも多く引き出せる可能性があります。

 

そして、見積もり時の注意点ですが、今の車の下取りは「あり」と「なし」の両方でもらうべきです。

 

なぜなら先程お伝えしたように、下取りよりも買取業者に売った方が断然お得だからです。

 

販売店によっては下取り価格が本来30万円のところ、25万円で下取り額を提示しておいて、新しく買う車の値引きを5万円増やして「頑張って値引きしました!」という事もあり得ます。

 

ですので、下取りが「なし」の見積りで本来の値引き金額を知ることができます。

 

もし、ディーラーの下取り額の方が、買取業者よりも高ければ、そのまま下取りにだしましょう。(まずあり得ないですが、決算期等でどうしても売りたい時期もあります)

 

5.ご契約

 

ディーラーや車の買取業者と契約すれば、必要な書類については、ほとんど用意してくれますので、ご心配はいりません。

 

住民票や実印は自分で用意する必要があります。車庫証明も自分でも取ることは可能です。

 

6.任意保険の手続き

 

納車日が決まったら、任意保険の手続きも忘れずにしておきましょう。

 

「忘れていた」では、万が一の事故の時に保険がきかない可能性があります。

 

購入する車種によって保険料が変わる可能性があります。新車に買い替えた場合は、新車割引が入りますし、逆に高い車に乗り換えて、車両保険をかけると保険料は高くなります。

 

いずれにせよ保険会社に事前に連絡をして、手続きを行いましょう。

 

7.納車

 

待ちに待った納車です。ワクワクしますね。

 

 

関連記事:車は下取に出すよりも、買取りの方が断然お得!