車の買い替えと車庫証明|自分で車庫証明はとれるの?

車を買い替えるときには、車庫証明が必要です。

車庫

 

車庫証明とは?

 

車庫証明は、正確には「自動車保管場所証明書」といいます。その名の通り、車を保管している場所(駐車場)をちゃんと確保しています、という事を証明する書面です。

 

ここで言う駐車場とは、下記が前提となります。

・自動車の使用の本拠の位置から、保管場所が2キロメートル以内(地図上での直線距離)にあること。
・保管場所は、道路から支障なく出入りができ、自動車の全体を収容できること。
・自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権利を持っていること。

本拠地って何?と思う方も多いでしょう。車検証を確認すると、所有者:使用者:使用の本拠の位置という個別の記載があります。

 

使用の本拠の位置とは、住んでいる住所のことです。住民登録地と異なる場合は、公共料金の領収書等で証明できますが、変更しておいた方が何かと楽だと思います。

 

車庫証明は、車の保管場所を変更した時や車を購入する時に必要になります。(軽自動車は、車庫証明が必要な地域と必要でない地域があります。)

 

車庫証明に必要なもの

・自動車保管場所証明申請書/保管場所標章交付申請書(複写式ワンセット)
・所在図、配置図
・保管場所使用承諾証明書 (自宅車庫の場合では使用しません)
※賃貸の駐車場の場合、駐車場の賃貸契約書のコピーでも可の場合もあります。
・保管場所使用権原疎明書面(自認書)(自宅車庫の場合)
・自動車の使用の本拠の位置(住所、事業所等)を確認できるもの
※住民票の写し、印鑑証明の写し、登記簿の写し、郵便物(消印があるものに限る)、公共料金の領収書等のうち1つ
・認 印
・車検証の内容:車台番号と車の大きさ(全長、全幅、高さ)

 

車庫証明代行費用っていくら位?

 

ディーラーや販売店に代行してもらう場合には、代行費用がかかります。決まった金額はありませんが、相場としては1万円〜2万円といったところでしょうか。

 

車庫証明は自分でも取れるの?

 

費用を抑えるために、車庫証明を自分で取ることは可能です。上記書類を用意して管轄の警察署(派出所ではできません)に提出します。

 

その際、手数料として印紙代(場所によっては現金)として2,500円〜2,800円必要です。提出から2、3日〜1週間ほどで車庫証明が発行されます。(提出時に何日位かかるのか、確認しておきましょう)

 

ここでの注意点は、「警察署に平日の昼間に2回、出向く必要がある」と言う事とです。書類の作成も含めると、結構な手間と時間が必要です。

 

車庫証明の書き方を、詳しく書いてあるサイトがありましたので、ご紹介しておきます。車庫証明書き方マニュアル

 

時間的に余裕のある方は、試してみる事もアリだと思います。

 

代行費用も重要だけど、車の査定費用の方がもっと重要!

 

車庫証明の代行費用は自分でやると1万円位安くなりますが、それ以上に金額に差が出ることがあります。

 

それは、今の車の査定額です。普通にディーラーに下取りに出すよりも、車買取専門店で売る方が平均で17万円も高く売れた、というデータがあります。

 

また、買取専門店でも査定額は車種によっては50万円以上違うケースもあります。

 

ですので、一度愛車の査定相場を調べてみましょう。下記のサイトを使えば、簡単に概算費用(相場)が分かりますし、複数の買取専門店から見積もりが取れるので、一番高い金額も分かります。金額の差にビックリする事もありますよ。

 

かんたん車査定ガイド