車の買い替え|新車か中古車か?メリットとデメリット

車買い替え|新車か中古車か?

新車

 

車の買い替えを考えだしたら、一度愛車の査定相場を調べてみてはいかがでしょうか。簡単な入力で、すぐに最新の愛車の査定相場が分かります。
かんたん車査定ガイド

「車を買い換えるなら、やっぱり新車だ!」  

 

「好きな車を2〜3年で乗り継ぎたいので中古車だ!

 

それぞれ好みや状況によって、新車を選ぶか中古車を選ぶか理由は異なることでしょう。今回は新車・中古車の買い替える時のメリットやデメリットについて考えてみました。

 

新車のメリット

好きなメーカーオプションやボディカラーを選ぶことができる。

 

新車は基本オーダーメイド生産ですので、自分の好みのメーカーオプションを付けることができます。ボディカラーも同様です。

 

品質にバラツキがない

 

昔は新車でも「当たり外れ」がある、なんてことも言われたことがありますが、最近の新車を購入して、「すぐに修理」なんてことはリコール以外は、ほぼありません。

 

メーカー保証も5年、10万キロのどちらか早い方までの保証が付いていますので、安心して乗ることができます。

 

購入後5年くらいは、事故やぶつけたりしない限り、大きな修理費用は発生しないでしょう。

 

最新の技術を搭載している

 

新車で購入すれば、その時点での最新技術を搭載した車に乗ることができます。燃費性能や安全面での技術の進歩は著しく、その最先端の車を購入できます。

 

デザイン面でもモデルチャンジ直後や、新車種投入直後であれば、街で走っていても目立ちますよね。

 

エコカー減税が適用される

 

車種にもよりますが、最近の車はエコカー減税に対象となる車が多いです。購入時の諸費用が少なくて済もので助かります。

 

新品という優越感

 

その車の、初めてのオーナーである、という優越感もあると思います。あと、あの新車独特の臭いですね。(これは個人的な意見です。新車の臭いが嫌いな人も結構います。)

 

新車のデメリット

価格が高い

 

新車は、やはり購入価格は中古車に比べると高くなります。メーカーオプションも車両価格に付加されてきますので、好きなオプションをどんどん付けると当然購入価格も高くなってゆきます。

 

実は選択肢は中古車よりも少ない

 

新車の場合は、実は中古車よりも車種の選択肢は少なくなります。

 

例えば、200万円の予算で3列シートの車が欲しい、と思った場合、1BOXは価格的に難しく、TOYOTAのウィッシュなどのミニバンタイプになります。

 

予算がいくらでもある、と言う方は別ですが、予算内での新車の選択肢は、中古車ほど多くはありません。

 

納車までの時間がかかる(場合もある)

 

新車は基本オーダーしてからの生産となっていますので、1ヶ月近くかかるケースがほとんどです。

 

人気車種になると数カ月待ち、なんてこともあります。(4代目プリウスは4カ月待ちでした)

 

中古車のメリット

やっぱり安い

 

同じ予算でも新車に比べると1ランク、2ランク上の車に乗ることができます。新車では手の届かない高級車も、中古車なら買える事も多くなります。

 

選択肢が多い

 

新車に比べて、同じ予算で選択できる車種は、実は中古車の方が多いです。

 

先程の200万円で3列シート、という前提であれば3年落ちのボクシーなど1ランク上の選択肢もあります。5年落ちまで考えると高級1BOX車のアルファードも購入できます。

 

また、すでに販売を終了している車種も中古車であれば購入できますので、選択肢としては圧倒的に中古車の方が多くなります。

 

納車が早い

 

中古車は、販売できる状態で店頭に並べてありますので、契約すれば手続と点検位ですので、新車にクラバルと納車までの期間は短いです。大体1週間〜2週間、といったところではないでしょうか。

 

中古車のデメリット

品質(コンディション)が一定ではない

 

中古車は1点もので、全く同じ状態の車は1台もありません。前のオーナーの乗り方やメンテナンスの頻度などによって、車のコンディションは異なります。

 

購入してすぐに大きな修理代がかかった!なんてこともありますので、とにかく安いだけで選んでしまうと、あとあと出費がかさむ事になりかねません。

 

事故車(修復歴車)を買ってしまうリスクもあります。

 

標準価格がない

 

新車と違って中古車には定価はありません。ですので、「掘り出し物」もあれば、「高い買い物」になる場合もあります。

 

また、中古車は販売店の手数料が結構高いので、注意が必要です。

 

保証が無い事もある

 

中古車には「現状渡し」といって、売り切りの車もあります。その場合は、買った翌日にエンジントラブルが起きても、自己負担での修理になします。

 

販売店によっては、自社の保証を有料で手厚く付けているところもあります。

 

新車か中古車か?

 

ここまで、新車と中古車のメリット・デメリットを書いてきましたが、実際どちらを買うべきか?となると、確かな答えはありません。人それぞれ、「好み」や「こだわるところ」が違うと思います。

 

ただ一つ言えることは、中古車を選ぶ場合は「車の選択も大切だけど、販売店の選択も同じくらい重要である」という事です。

 

選択肢も多く、メリットもある中古車ですが、素人ではなかなか車のエンジンの状態や足回りなどの見極めはできません。

 

購入後のサポートもしっかりしてくれる、安心出来る販売店からの購入をオススメします。

 

修復歴なし、返品OK、最長10年保証という安心のサービスを提供している販売店がります。気になる中古車があれば、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。
なびくる+

 

関連記事:車は下取に出すよりも、買取りの方が断然お得!