査定に出す前にキズや凹みは修理すべきなの?|車買い替えラボ

査定に出す前にキズや凹みは修理すべきなの?

車のキズ 修理

 

キズや凹みは査定に影響するの?

 

車は大事に乗っていても、キズや凹みがついてしまう事はありますよね。車を買い替えようと思った時、そのキズや凹みが査定にどう影響するのか、とても気になるところです。

 

小さなキズやヘコミは、査定には大きな影響を与えないものですが、大きなキズや凹みの場合は、査定はマイナスに影響します。度合いにもよりますが、板金や塗装が必要な場合はなおさらですね。

 

中古車として販売するには、そのままでは売ることができないので、買取った業者は修理する必要があります。

 

ですので、綺麗に直して査定に出した方が査定金額は確実に高くなります。

 

 

買取業者と消費者の修理代は違う

 

ここで、修理にかかる費用を考えて見たいと思います。我々一般消費者が車を修理しようと思った場合、板金屋さんやディーラーなどプロに任せる事になります。

 

そこでの修理代は、原価・人件費に加えて利益が乗った金額になります。商売なので当然ですよね。

 

一方、買取業者やディーラーは自社に修理工場をもっているか、提携している工場があるので、非常に安いコストで車を修理することができるのです。

 

 

結論:そのままの状態で査定に出すべき

 

キズや凹みによる査定でのマイナス金額と、自分で修理に出してかかる金額を比べると、

査定のマイナス金額 < 修理にかかる金額

となることは、ほぼ間違いありません。このような事から、車のキズや凹みはそのままの状態で査定に出すべきです。

 

 

自分で修理するのは?

 

修理代をかけずに、自分でコンパウンドで磨いてみたり、ペイントするのはどうでしょうか?これなら部材代だけで済むし、査定もマイナスにならないのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、これは「NG」です。そうすることで、余計にキズが目立ってしまう事も多く、買取る側も評価はしてくれません。逆にマイナスが増えてしまう可能性もあります。

 

査定士は多くの車を見てきたプロですので、自己流の修理はすぐに見抜かれてしまいます。

 

 

過去の修復歴は査定時に伝えるべき?

 

査定時には、「過去に車の修理歴はありますか?」と聞かれることがあります。その場合は、正直に答えるべきなのでしょうか。出来れば、修理歴は無いことにして少しでも高く売りたいところです。

 

でも、この場合は正直に答えた方がいいと思います。先程もお伝えしましたが、査定士はプロなので、修復歴などは実車を見るとすぐに分かってしまいます。

 

そこで嘘をつくと、より厳しい目で査定され、マイナスにならないような小さな傷も減点されてしまう可能性もあります。お互い人間ですので信頼関係は大事だと思います。

 

 

実はもっと大事なことがある

 

キズや凹みによる査定金額の差も気になりますが、実はもっと大きな金額の差が出ることがあります。それは、「どこで査定を受けるか」です。

 

ディーラーは新車を売ることがメインの仕事ですので、車の下取はあまり積極的ではありません。「新車を買ってくれたら、その車引き取りましょうか」位の、言わば付帯業務です。

 

一方、車買取専門業者は、車を買取ることがメインの仕事です。車を買取って、すぐに販売して利益を得ています。1台でも多く買取りたいので、積極的に高い査定額をつけてきます。

 

ですので、車を買い替える場合は、下取りに出すよりも買取りに出した方がお得だと思います。

 

買取り専門業者の査定相場は、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場も分かります。実際に、下取りよりも買取りの方が平均で17万円も高く売れた、と言うデータもありますよ。