車の買取り|メリットとデメリット【車買い替えラボ】

車の買取り|メリットとデメリット

車買取りのメリット

 

車を手放す時は、新しく購入するディーラーに下取りに出すか、買取専門店に売却するか、のどちらかになると思います。今回は「買取り」についてメリットとデメリットをまとめてみました。

 

車買取りのメリット

 

下取りよりも高く売れる!

 

車買取業者は、1台でも多く車を買取ることをメインとしています。買取る車は「仕入れ」であり、それを流通させることで利益を得るのが目的です。

 

買取った車は、主に下のようなルートで販売されます。

・オークションで販売
・海外に輸出
・自社で中古車として販売

 

一方ディーラーは、自社の車を1でも多く販売することがメインです。下取りで車を仕入れるのではありません。新車を買ってくれることが前提で、その人が今まで使っていた車を引き取ってあげる、という「付帯サービス」なのです。

 

下取った車は、主に下のようなルートで販売されます。

・取引のある車買取り業者に売却
・その買取り業者がオークションで販売

 

ここに査定金額に差が出るポイントがあります。まとめてみますと

買取りの場合の車の流れ 
 前オーナー → 車買取業者 → オークション

 

下取りの場合の車の流れ
 前オーナー → ディーラー →車買取業者→オークション

下取りの方が、間に入る会社が多いですね。それぞれの会社は当然利益を乗せますので、その分車の下取りの査定額が少なくなってしまうのです。

 

結果、買取りの方が高い査定がつくのです。

 

また、年式の古い車や走行距離の多い車は、ディーラーでは査定がつきにくいです。でも買取業者によっては輸出ルートをもっている場合もあって、その場合は結構な金額がでる場合も少なくありません。海外では、日本車は少々古くても人気ブランドなのです。

 

車買取りのデメリット

 

新しい車の納車のタイミングと合わない場合もある

 

車の買取りの場合は、契約すればすぐに車を引き渡すことが多いです。ですので、新しい車の納車まで、車がない状態になる可能性があります。新しく買う車の販売店にお願いすれば、代車を貸してもらえる場合もあります。

 

手続きが少し手間

 

下取りの場合は、ディーラーの営業マンとだけのやり取りで済みますが、買取りの場合は2社とやり取りをする必要があります。
(手続きに関しては、ほとんど代行してくれます。)

 

「下取り」か「買取り」か、結局どっちがいいの?

 

金額だけのお話しをしますと、やはり「買取り」の方がオススメです。アンケートの結果では、下取りよりも買取りの方が17万円高く売れる、というデータもあります。

 

こんな感じです。
車下取り

 

窓口も1つの方がいいし、手間がかかるのはイヤ、と言う方は下取になると思います。でも下取りの場合でも必ずすべきことがあります。

 

それは、愛車の査定相場を知っておくと言う事です。ディーラーから下取り査定の金額を聞いても、その金額が妥当かどうか?の判断はつかないですよね。

 

ですので、事前に相場金額は把握しておきましょう。下取りの査定がその相場とかけ離れている場合は、十分交渉材料になるはずです。

 

査定相場は、下記のサイトで調べることができます。僅かな入力ですぐに査定相場が分かります。

 

また、最高金額で買ってくれる業者と価格も分かります。

 

かんたん車査定ガイド