車の下取り|メリットとデメリット【車買い替えラボ】

車の下取り|メリットとデメリット

車下取り

 

車を手放す時の選択肢として、「下取り」「買取り」「廃車」があります。

 

今回は、「下取り」のメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

車の下取りのメリット

 

1.下取りと納車のタイミングが同じ

 

納車のタイミングで車を引き取るので、「車が無い期間」が発生しません。納車される場合は、2人で新しい車を乗ってきて、帰りは一人が下取りの車を乗って帰ります。

 

自分で取りに行く場合には、下取り車を乗って行って、新しい車を乗って帰ります。車がない状態にならないので、通勤で車を使っている方には有り難い事ですね。

 

2.手続きが楽

 

窓口が1つで済むので、色々なやり取りが楽に行えます。下取り車の査定から購入する車の見積りまでワンストップで行えます。

 

車の買い替えには結構いろいろな書類も必要になりますが、そのやり取りも一人の営業マンとだけ行うのでスムーズです。

 

3.人気車で値引きが少ない場合は、下取り金額の交渉が可能

 

新型やフルモデルチェンジ直後の人気車は、ディーラーも強気で値引き交渉がほとんどできない場合があります。

 

その場合、下取り車があれば査定額の交渉ができます。でも、事前に査定相場を知っていないと交渉は難しいですね。

 

だって、ディーラーの提示した下取り査定が妥当かどうか、判断できないからです。ですので、事前に愛車の査定相場を調べておきましょう。

 

愛車の査定相場を調べてみる

 

車の下取りのデメリット

 

1.下取り金額が「あいまい」

 

ディーラーは自社の車を販売することが最大の目的です。下取り査定よりも値引き金額やサービス品を多くして、お客様に買ってもらおうとします。

 

下取り金額には「定価」がないので、我々ユーザーも提示された下取り査定が妥当かどうか判断できません。

 

これを逆手にとって、下取り査定を10万円低くしておいて、その分新車の値引きに充てて値引き金額を大きく見せる、というテクニックもあります。得した気分になってしまいますが、これではユーザーには何のメリットもありません。

 

下取りでは、純粋な「車の査定額」が分かりづらいのです。見積書で値引き金額を大きく見せる事は良くあることなのです。

 

2.下取り査定金額は、買取り業者の査定金額よりも低い

 

車の買い替え、下取りよりも買取りが断然お得!でも書きましたが、金額面だけで考えると、やはり「買取り」の方が高く買取ってくれます。

 

平均で17万円、車種によっては30万円以上の差が出るケースもあります。

 

また、ドレスアップ仕様の車はディーラーでの評価は低いですが、買取専門店ではかなりのプラス査定になったりします。

 

3.査定がつかない事もある

 

走行距離が多かったり、年式が古い場合は「査定がつきません」なんてこともあります。

 

10万キロ以上走っている車(過走行車)や10年落ちの車は、下取りでは査定がつかない事が多いです。

 

でも、ディーラーでは値段がつかないような車でも、海外の輸出ルートをもっている業者などは結構な金額で買取るところもあります。

 

今の車に値段がつかないのでは?と思っている方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド