車の買い替え、下取りよりも買取りが断然お得!|車買い替えラボ

「下取り」よりも「買取り」が断然お得!

下取りに出すより、買取りの方が平均で17万円も高く売れた、というアンケート結果があります。

 

こんな感じです。
下取り

 

車を買い替える時、購入する車の値引き金額やサービス品ばかりに目がいっていませんか?それでは、結構な金額をソンしてしまいますよ!

 

車の査定には、「定価」はありません。査定相場はありますが、我々一般消費者には、適正な査定額がいくらなのかを知ることは難しいのです。

 

ディーラーは自社の在庫車両を「売る」ことが使命

 

新車、中古車に関わらず、自動車販売店は自社の持っている車両を1台でも多く、一日でも早く売ることが一番の使命です。

 

新車ディーラーは、自動車メーカーに販売目標台数を設定していて、それを達成できると高額な報奨金がもらえます。

 

ですので、お客様が他のメーカーの競合車両も検討している、等と聞くと値引きやサービス品で何とか購入に結び付けようとします。

 

中古車販売店は限られた展示スペースで中古車を販売します。売れない車は場所を取るだけですので、在庫回転率を上げようと一生懸命に売ります。

 

とにかく1台でも多く車を「売る」事が最大の使命です。車の下取りについては、あまり興味というか熱心ではありません。

 

自社の規定の査定表を元に、「今の車、宜しければ下取りしましょうか」位の感覚で、値段を出してきます。

 

その査定表も、最新の相場を反映されていないケースもあるので注意が必要です。

 

車買取専門業者は車を「買う」事が使命

 

一方、車買取専門店と言うものがあって、こちらはその名の通り、車を「買取る」ことが使命です。

 

1台でも多く車を買って、オークションに出したり、海外に輸出したり、その販売ルートは各社色々で特徴があります。

 

例えば、海外に輸出ルートをもっている業者は、日本では査定がつかないような、年式の古い車や過走行車でも積極的に買取ります。

 

海外では日本車ブランドは、まだまだ信頼性が高く人気があるのです。

 

車買取業者は、日々変化するオークション情報を常にウォッチしているので、最新の価格相場や市場動向をつかんでいるのです。

 

欲しい!と思った車は、他社と競ってでも高値をつけてきます。

 

愛車を一番高く売る方法

 

ここまでお伝えすれば、愛車をどこに売ればお得なのか、もうお判りですよね。

 

ディーラー等の販売店は、自社の下取り査定表を元に「今の車、宜しければ下取りしましょうか」位の感覚で、値段を出してきます。

 

時には査定表では20万円となっていても、下取りを15万円として、差額の5万円を新車の値引きに上乗せし、値引き金額を大きく見せる、なんて事もあります。

 

一方、車買取業者は1台でも多くの車を買いたいので、他社と競ってでも車を買取ります。

 

ですので、愛車を一番高く売る方法は、複数の買取り専門業者から見積もりを取ることです。

 

でも、複数の業者を探して回るのも大変ですよね。

 

こちらのサイトを使えば、1回の入力で簡単に複数の買取業者から見積もりが出てきます。

 

その中から、一番高く買取ってくれる業者に買取ってもらえば、かなりの金額を得することができます。車種によっては30万円以上の差が出ています。

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場も分かります。もちろん無料ですので、是非一度お試しください。

 

かんたん車査定ガイド