トヨタ・アベンシス|新車・モデルチェンジ情報【車買い替えラボ】

アベンシス(トヨタ) 小改良でよりカッコよく

アベンシス
TOYOTA公式サイトより

 

TOYOTAは、アベンシスを一部改良し、全国のトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店を通じて、2016年7月25日に発売します。

 

アベンシスは欧州で販売されているステーションワゴンです。

 

今回の改良は、2グレードあるうちエントリー仕様の「Xi」に切削加工が施された16インチアルミホイールを標準装備するという小規模なものです。

 

アベンシス ホイール
TOYOTA公式サイト

 

元々、欧州向けのカッコいいデザインですが、今回はエントリーモデルの足元を改良するという、なんとも地味ではありますが、見た目にもこだわるTOYOTA の姿勢が見られます。

 

価格は「Xi」が一部改良前の274万3200円から274万9091円と若干値上げされています。

 

社外アルミホイールを購入するなら、7,8万はかかりますので、これ位の値上げは超良心的と言えるのではないでしょうか。

 

 

納期は3か月まち

 

2016年5月現在、アベンシスの納期は2016年8月以降の工場出荷の予定、となっています。

 

生産はイギリスにあるバーナストン工場で、日本には逆輸入されていますので、納期がかかるのは仕方ない事かもしれません。

 

その分、国内での見かけることもあまり多くありませんので、ある意味「目立つ」車だと思います。

 

個人的にはカローラーフィールダーのモデルチェンジ前のフロントと似ているような気もしますが、質感は全く違いますね。

 

欧州でずっと販売されているワゴンですので、やっぱりカッコいいです。

 

 

ウインカー、ライトが逆

 

外観や走りについては、高評価を得ています。内装についても、高級感あふれるTOYOTAらしい作りですね。

 

ただ、1点だけ。

 

全てがヨーロッパ基準で造られているので、ウインカー、ライトのレバーが国産車とは逆の左についています。(ハンドルは当然右ハンドルです)

 

しばらく乗っていれば慣れるのでしょうが、最初は少し慌ててしまうかも知れません。

 

 

知らないと損をする!車買い替えの必見ポイント

 

・愛車は下取りに出しちゃダメ!買取りの方が平均で17万円以上高く売れる!⇒詳細記事