事故車になったら修理する?買い替える?下取り査定はつくの?

事故車になったら修理する?買い替える?下取り査定はつくの?

事故車

愛車が不運にも事故車になったしまった場合、修理をするか、買い替えるか、迷うところですよね。修理の度合いにもよるでしょうが、乗り続けるか買い替えるかは、車への愛着や経済的な事情が絡み合うところです。

車の事故は、大別すると2つ


全損事故
全損とは、修理代金が保険価額を超える、もしくは被保険自動車を修理できない場合をさします。これはもう修理に出す事は無いと思います。車両保険に加入していれば、保険金が出ます。

金額は、保険金額(保険証券記載の保険金額)あるいは保険価額のどちらかの低い方の金額です。

保険価額とは、もしも事故にあっていなかった場合の、その時点での同じ年式の同じ車種の市場販売価格相当を指します。

分損事故
分損事故とは、被保険自動車の損害状態が全損でない場合をさします。修理にかかる費用が保険会社から支払われる金額以内の場合が分損事故であるともいえますね。

分損事故時に支払われる保険金は、実際に修理にかかった費用となります。(保険価額を上回る場合は、保険価額が限度となります)

この分損事故の場合は、修復歴(事故歴)がつくか、つかないかも大きなポイントになります。

修復歴とは、車の骨格(フレーム)部位等を交換したり、もしくは修復した履歴です。この修復歴の有無は、中古車市場での価値に大きく影響します。

それぞれの金額を把握する


修理するか買い替えるかの判断は、やはりお金との相談になるのではないでしょうか。ですので、次の金額を把握しましょう。

修理金額:車を修理する場合の金額の見積もりをもらいましょう。その際、修復歴がつくのか、つかないのかも確認しておくことをオススメします。

保険を使って修理する場合は、保険の等級が下がってしまいます。等級が下がると翌年から保険料が上がります。ですので、修理代金がそれほど高額ではない場合は、保険を使わない方が良い場合もあります。

現状で売却した場合の金額:現状のままで買取ってもらった場合の金額も把握しましょう。買い替えでディーラーに下取り査定を依頼すると、事故の度合いにもよりますが、査定がつかない場合が多いですね。

ですので、車買取専門業者にも確認して下さい。 買取り専門業者は、事故を起した車をそのままの状態で買い取る店もたくさんあります。

その車種の専門店や自前の板金工場を持っている買取り店ですと、破損したままの車でも結構いい値段で買い取ってくれます。

こちらのサイトを使えば、簡単な入力で買取り専門業者の査定が分かります。

かんたん車査定ガイド

上記で査定がつかなかったら、下記のサイトがオススメです。廃車にする場合でも費用はかかりませんし、前払いしている税金が戻ってくる場合もあります。

廃車ラボ

最終的には愛着との兼ね合いで


経済的な判断は、これまでの金額で考えることとなりますが、やはり「愛車への思い入れ」もあると思います。

事故車になったから、もう乗りたくない。と言う方もいらっしゃれば、修理してでもとことん乗り続ける。と言う方もいらっしゃるでしょう。

希少な車種であれば、なおさらですよね。