車買い替えサイクル|みんなどんなサイクルで買い替えてるの?

車買い替えサイクル|みんなどんなサイクルで買い替えてるの?

車の買い替えは、高額な金額を炉もなうため、タイミングは重要だと思います。なかなかきっかけが無い方も多いのではないでしょうか。

 

そのまま同じ車に乗り続ける場合も珍しくはありませんし、故障してから買い替えることもあります。

 

では、一般的にはどの程度のサイクルで買い替えているのでしょうか。

 

サイクル

 

あくまで一つの目安ですが、車買い替えのサイクルは7〜8年と言われています。車の使用状況によりますが、新車登録から7〜8年経ったら買い替えるのも一つの手です。

 

すでに8年以上経過している場合、乗りつぶす、というのも選択肢の一つであると言えます。

 

走行距離なら、7〜8万キロ走行した時期が買い替えのタイミングです。

 

それ以上の走行距離になると、査定金額がガクッと下がってしまうからです。

 

仮に1年間で1万キロ走行すると、7〜8年ほど経ってから買い替えとなるため、年式を目安にした場合とほぼ同じです。

 

中古車業界の走行距離の目安は、「年間1万キロ」と言われています。

 

ただし、1年間あたりの走行距離は車の使用状況によると思います。例えば新車登録から10年以上経っていても、走行距離が7〜8万キロ未満の場合は判断が難しいところです。

 

ただ、新車登録より13年以上が経過すると、自動車税が高くなるので買い替えを考えてみると良いでしょう。

 

また、車検もサイクルの目安にする方もいます。車検は2年に(新車購入時は初回は3年)1度受けなければいけませんが、その都度10万円前後(ディーラー車検の場合)の費用がかかります。

 

車検の回数が増える(年式が古くなる)と、交換部品が増えてくるので、車検費用も増えてきます。おお粉金額がかかりそうな車検前には、やはり買い替えも検討しますよね。

 

車検費用と同様に、年月が経つと維持費もかさみます。車は車検以外にも様々な維持費がかかりますが、特に消耗品・ガソリン代以外にも部品交換が必要ないなってきます。

 

タイミングベルトやエアコンなど、高額なパーツの交換が必要になってきたら、(維持費が自分の許容範囲をこえそうになったら)買い替えを考える方は多いことでしょう。

 

車の状態にもよりますが、交換が必要な部品が増える7〜8万キロがひとつの目安になるでしょう。

 

 

車の買い替えを考えだしたら、すべきことがある!?

 

車を買い買い替えようかな?と考えだしたら、必ずすべきことがあります。それは、愛車の最新の査定相場を知っておく、ということです。

 

車の査定は、どこで査定を受けるかによって、金額が大きく変わってきます。

 

こんな感じです。
査定金額の違い

 

ですので、愛車の査定相場を知っておかないと、相場よりも安い金額で査定されても、気づくことができません。

 

車の査定相場は日々変化しているので、インターネットで調べても掲載されてはいませんが、こちらのサイトを使えば、簡単にわかります。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後すぐに愛車の査定相場がわかりますよ。