車の買い替えは5年がベスト?【車買い替えラボ】

車の買い替えは5年がベスト?

5年買い替え

 

車の買い替えは5年がベスト?

 

車を買い替えるタイミングって、難しいですよね。

 

当然、人によって買い替える時期はバラバラで、数年で買い替える方もいれば、逆に壊れる直前まで乗りつぶす場合もあります。

 

また、ライフスタイルの変化をきっかけに乗り換えることもあるため、どれくらいで乗り換えるべきか、迷ってしまうのではないしょうか。

 

 

平均的な車買い替えのサイクルは7年

 

と言われています。しかし、7年目には3回目の車検を受けなければいけませんので、それより前に乗り換えるケースが多いと考えられます。

 

そのため、6年半くらいが一般的な買い替えサイクルと言えますが、更に短く、5年程度で車を買い替える方も多くいらっしゃいます。

 

新車登録から5年目になると、2回目の車検が待っているからです。

 

2回目の車検となると、車検代は10万円以上かかることが多く、車検の前に買い替えていると考えられます。

 

新車から5年と言えば、メーカー保証の切れるタイミングでもあります。

 

5年ほど経つと、走行距離は大体5万キロを超えているころですので、愛車の価値が下がらない内に車を売り、乗り換えたほうが良い場合もあります。

 

愛車の査定額が下がる前に車を手放せば、車の買い替え費用も少なくて済みます。

 

 

じゃあ5年で買い替える?

 

しかし、5年で車を買い替えるのも、一長一短があります。

 

車検代を払って乗り続けたほうが、コストを抑えられます。

 

買い替えとなると、中古車でも50万円程度はかかりますので、車検代と比べると費用面がネックになります。

 

また燃費のいいハイブリッド車に買い替える、など維持費を下げる目的で買い替えても、購入費時の費用はかなり高額になります。

 

現在の車をいくらで売れるか?によりますが、「これだ!」という理由が無い限り、5年で買い替えるのは少しもったいないと言えるでしょう。

 

逆に「どうしても欲しい車発が売された!」など、明確な理由があるなら、買い替えを検討しても良いと思います。

 

5年落ちの車は、まだまだ査定額も期待できます。

 

タイミングを逃すと車検を受けなければいけませんし、愛車の価値がさらに落ちてしまうため、買い替え資金の負担が増加します。

 

愛車が高く売れる時期に買い替えれば、頭金を増やすことも可能です。

 

 

大切なのは「愛車の最新の査定相場を把握する」こと!

 

いつ車を買い替えるか?で重要なのは、愛車のその時の査定相場を把握しておく、ということです。

 

車の査定相場は毎日変動するため、インターネットで調べてものっていません。

 

でも、愛車がいくら位で売れるのか?を正しく把握しておかないと、買い替えのためのお金の算段ができません。

 

また、査定相場を我々ユーザーが知らないことをいいことに、お店で査定を受けると、相場よりもかなり安い金額を提示されることも少なくありません。

 

ですので、買い替えを考えだしたら、まずは愛車の相場を把握しておきましょう。

 

そうすれば、安く愛車を買いたたかれることを防げます。

 

最新の査定相場は、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場がわかりますよ。