13年が車買い替えの節目になる理由【車買い替えラボ】

13年が車買い替えの節目になる理由

13年 車買い替え

 

13年が車買い替えの節目になる理由

 

車も新車登録から13年経過すると、走行距離も10万キロ前後になって、消耗品以外にも交換が必要になる部品も増えてきます。

 

車を5年前後で買い替えるユーザーも少なくありませんが、中には「乗りつぶす」という方もいらっしゃることでしょう。

 

でも、「長い期間同じ車に乗っていると、税金の負担が増える」ことをご存じでしょうか?

 

車の買い替えを検討している場合、「13年目は買い替えの節目」、と考えた方が良いでしょう。

 

 

税金が高くなる

 

車は新車登録から13年経つと、支払う自動車税の額が増えてしまうのです。

 

重加算税と呼ばれる税制があり、自動車税の場合、年間で約1割ほど割り増しになります。

 

例えば1,500ccの車の自動車税額は、1年間で34,500円です。しかし13年を超えてしまうと、年間37,900円も払わなくてはいけなくなります。

 

3,400円ほどの負担増ですが、以後はずっと1割増となるため、長く乗るほど増えた税金を払うことになります。

 

自動車税だけではなく、重量税も1割負担が増加します。

 

重量税は2年に1回車検を受ける際に支払う税金ですが、車の重量によっては1万円以上も高くなってしまうのです。

 

自動車税と合わせると、かなりの負担増加ではないでしょうか。

 

 

車検費用が高くなる

 

また、13年目は車検を受ける年にも当たります。車の使用機会が少なく、走行距離が少なくとも、車の部品は経年劣化していきます。

 

そのため、車検時に修理や部品交換で費用がかさむおそれがあります。

 

前回の車検でタイミングベルトを交換していなければ、今回は交換を勧められるでしょうし、実際に交換した方がいいです。(最近の車はタイミングチェーンに変わってきています)

 

部品交換費用を含め、合計15万円〜20万円になることもあるため、そのまま乗り続けるのは経済的でないとも考えられます。

 

13年目に車検を受ける予定の方は、車買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

新車を購入したほうが、長期的に見て維持費を節約できる可能性があります。

 

燃費性能や安全性能は、目覚ましい進歩を遂げていますよ。

 

一方、車検代や維持費などを気にせず、エンジンの調子が悪くなるまで乗りつぶす方法も考えられます。

 

愛着のある車なら、なおさらですよね。

 

特に目立った不具合が無く、部品交換も必要ない場合もありますので、車検代の見積もりを貰ってから決めるのも良いでしょう。

 

 

13年落ちの車に査定はつくの?

 

買い替えとなると、気になるのは「13年も乗った車に、査定はつくのか?」と言う事ではないでしょうか。

 

ディーラーに13年落ちの車を持ち込むと、

 

「もう廃車ですね、当店で車を買ってくれるなら、無料で引き取ってあげますよ。」

 

もしくは、「3万円で下取ります。」と言われるケースが多いです。

 

なぜか古い車は一律のように大体3万円の下取り査定になっています。これは実際は、新車の値引きと調整されていることが大半です。

 

ディーラーは新車を売ることが本業ですので、古い車の下取りには積極的ではありません。「付帯業務」として扱います。

 

一方、車買取専門店の中には、年式の古い車にも積極的に査定金額をつけて、買取ろうとするお店もあります。

 

海外に輸出出来るルートがあるお店などがそうです。

 

海外では日本車は古くても信頼のブランドで人気もありますし、走行距離も10万キロなんて気にしません。

 

ですので、13年落ちの車は、ディーラーに下取りに出すよりも、その車を欲しい!と思っているお店に売る方が高く売れます。

 

あなたの車を欲しい!と思っているお店は、こちらのサイトで探すことができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な1度の入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

同時に複数の買取り店に見積もりを依頼できます。最高額で買ってくれるお店と金額もわかりますよ。